Event Summary


イベントの基本コンセプトは例年同様『日常の中の非日常』。

 

DayDreamは多くの方々のご支援のもと、2015年、2016年の2度にわたり開催させて頂きました。各年ともに多大な反響をいただき、痛車イベントのあり方の一つとして一石を投じる事が出来たかと思います。

その後の2017年は今後の拡大方針や運営体制の強化などに関する調整・確認のため開催を見送らせて頂きましたが、その間に専門誌「痛車グラフィックス」の休刊と、新雑誌「痛車天国」の創刊と痛車を取り巻く環境が大きく変動したしました。

 

その様な動きを感じつつも各地で多種多様な痛車イベントが開催される中において「D.D.はどうあるべきで、そしてどう盛り上げていけるのか?」と試行錯誤し続け、その答えとして「全国各地の痛車イベント団体とその主催者様のご協力のもと業界初となるシリーズ戦『Road to D.D』を実施する」に至りました。そしてその総決算となる決定戦をこの『DayDream2018』にて開催させていただきます。

 

これは2016年開催のDayDrema2において「ARCC vs. EPCM」という構図で実施した「東西統一王座決定戦」の拡大版となる企画で、九州地区の「ITASYA WEEK in SASEBO」。中国・四国地区の「M☆fes」。そして東海地区の「USPM」と新たに3つのイベントの代表車両に、先のARCC(関西地区)とEPCM(関東地区)の代表車両を加えた5団体統一王座決定戦になります。そしてこれは2018年という1年を通して日本一を決める、まさしく全国を踏破するRoadなのです。

 

 

DayDream2018はこれまでと変わらず「屋内展示」で開催される「痛車」がメインのイベントです。

運営体制も引き続き東西のイベント主催団体であるARCCとEPCM。そして痛車イベントを過去10年に渡り主催し続けているU.S.P.と愛知県内で痛車やコスプレのイベントなどで運営実績のある8Graphicsの4団体での合同運営になります。

 

前回2016年の開催時にコンセプトとして『このイベントは今後の痛車イベントの一つの在り方を示す重要な分岐点になります。』と明言させていただきましたが、それに対する各方面からの反響をいただくにあたり、この世界に何かしらの刺激を与えた様に思います。

私たちはこのイベントを通じてジャンルの活性化と、新しくこの世界に足を踏み入れる人たちのきっかけとなるべく、さらなる発展に尽力してまいります。

 

 

DayDrema。

日本語に訳せば「白昼夢」。

意味として「真昼に見る夢。また、そのような非現実的な空想。白昼夢。」(引用:広辞苑)

その言葉どおり、今までにない痛車イベントを目指し、それまで思い描くだけで実現できなかった非現実的な空想を今年も現実にします。

あの日見た舞台。その次の舞台。頂きに立つのは誰になるのか、その目で見届けてほしい。そして目指してほしい。誰でもない、あなたにこそ。

 

 


◆基本的概要

名称 / DayDream2018 ~Take pride in your car~

 

会期 / 2018年11月11日(日) 10:30~17:00

 

会場 / アクトシティ浜松 展示イベントホール

     静岡県浜松市松屋町111-1

 

主催 /  project D.D

 

協力 /  UmaStyleProject / 8Graphics / EastPimpCarMeeting / ARCChampionship / 痛車天国

 

◆イベント諸注意

イベントへのご来場に際し、以下の点をお守りください

  • 会場施設内は全域禁煙です
    (喫煙所は会場外にありますが、携帯灰皿の持参・ご使用にご協力下さい)
  • 路上駐車は禁止です(会場周辺のコインパーキング等をご利用下さい)
  • ゴミは各自でお持ち帰り下さい
  • 会場施設内の地面、床面などへの座り込みはご遠慮下さい